ちょっと宣伝


フォト

お友達リンク

広告




広告.

  • 縦長広告

    ブログ検索☆BITZ
無料ブログはココログ

2006年3月12日 (日)

めざせ速読王!

先日、仕事帰りに本屋へ寄りました。
雑誌やら小説やら色々なコーナーを立ち読みしたりしました。

でもこれといった目ぼしい本もないまま時間が過ぎていきました。

そうしたらなんだか立ち読みする行為がすごく無駄なものに思えてきました。

みなさんもこんな経験ないですか?
立ち読みしていると突然虚しさに襲われて、さらに長時間の立ち姿勢で腰や足の痛みまで加勢して気分がどん底まで落ちてしまうの。

え?
そんな経験はない?

・・・。

そういう方はこの日記はここで終了です。
GAME OVER.
さようなら~。

一度でも経験の有る方は続きをどうぞ。

このままじゃいけない!
なんとかこの時間を有意義なものにするためにも何かやり遂げなければ!
(別にただの立ち読みごときでそんなに焦ることもないだろうにね)

そうだ、この時間を利用して本を一冊読破してやる!

なんて無謀な目標・・・。

でも一応勝算はあるのです。
だって中学の時に速読の勉強をしたんだもん

昔ってそういう超人的な技に憧れたことってない?

「あなたにも超能力がある!」
とか
「これであたなたも催眠術師!」
とか
「芸能人に会えるチャンスもいっぱいの早稲田速記

とかそういう類の延長で速読の本も買って勉強したのです。

え?
そんな超人技に憧れた経験はない?

GAME OVER.
さようなら~。(笑)

でも当時はまるで身に付かなくてすぐに挫折してしまいました。
その当時の無念を一気に晴らしてみせようぞ!!

一応やり方だけは覚えているんですよ。

ちょっと瞳孔を開き気味にして文字を追うのではなく、絵を見るようにするのです。

選んだ本は山田悠介著の「レンタルチルドレン」。
ホラー小説です。
e-20060312a

総ページ数250弱。

こんなぶ厚い本を一気に読めるんだろうか。ドキドキ。

よーいドン!

終了!(早っ)

30分で読み終えてしまった…。

不思議なことに大まかなあらすじも全部頭に入っているのです。

なんか言いようのない達成感が身体を駆け巡っています。
これは単に本を読み終えたというだけでなく、中学時代の挫折を克服した達成感でもあるのでしょう。

早く読めた要因としては、
・登場人物が少ない
・会話の文体が多い

この二つに起因すると思います。

これはまさに速読入門書と言えるでしょう。

オススメです。

e-20060312b

私も若い頃、超人技に憧れた!という方はここをクリック⇒人気blogランキング

2005年12月 8日 (木)

今日は仕事を30分早退。

別に体調が悪いとかじゃなくて、単なるキ・ブ・ン。

ダンスのレッスンまでに時間があったので喫茶店に入りました。

そこでスイートポテトを食べながら読書タイム。

「1リットルの涙」の原作本を昨日購入したのです。

んで、この読書タイムで最後まで読んでしまったのですが、

やっちまいましたよ。

公共の場所で涙。

座った場所がいかんかった。

窓際のカウンターで、目の前には通行人がウジャウジャ歩いてるんよ。

そこで泣くおっさん。

キモイよ・・・。